スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
10月の約束
「10月の約束」が守られるか?Satoの結構な関心事項です。え、なにが10月に?って、Burkina Fasoの選挙ですよ、って大抵の人は知らんがな、って感じでしょうが。ふと、こんな記事を見つけたので、ちょっと書いてみます。

allAfrica.com: Burkina Faso: Meeting the October Target

さて、Burkina Fasoでクーデターが起こったのは、もう8ヶ月も前ですね。1年のお約束で誕生した暫定政権ですが、今のところは問題なく、でもあまり対した事も出来ずに動いているという感じ。この辺りはBurkina Fasoの人の性格もでているとも思われますが、なんとなく動いている感じ。

ただ、裏ではいろいろ企みもあるようです。当然、現暫定政権は政権に留まりたいわけですが、今年の2月にもめ事を起こしてしまった事(政権乗っ取りのたくらみ)から、いくつか制限を付けられてしまったようで、結構首が絞まっているようです。

これはSatoも知らなかったのですが、この制限は、「先の大統領が試みた、大統領の任期を制限する憲法改正の動きに協力していた者は、選挙にでれない」というもの。さらにこの制限は今回の大統領選挙だけではなく、将来にわたって有効だということです。

ということで、選挙が行われれば、現暫定政権の人にとって次の目が非常に小さくなるということで、キーワードはちゃんと10月に選挙が行われるか、というところのようです。是非、予定通り問題なく行われてほしい者です。

今回の選挙には、これまで前大統領の政策(というか横暴)に反対していた人たちが、候補者登録をぞくぞくとおこなっている、という話も聞いています。という事で、意外と知り合いが、いきなり政治家になることもありえる状況になっていますので、これもちょっと楽しみな部分。なにせ、前政権に関わった人は軒並み選挙に出れない、という事になっているようですので、人がたりないという事になっているようです。

記事では、国際的なパートナーが選挙が公正に予定通り行われるように、Burkina Faso政府に忠告を行うべきだとあります。是非、順調に10月に選挙が行われる事を心から祈っております。

| Sato | ナイジェリア日記 | 23:52 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:52 | - | - | -