スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
Ghanaのフフ
というタイトルをかいてみて、なんとなく笑ってしまうのですが、「フフ」はれっきとした食べ物の名前。

Nigeriaではパウンデッドヤム(搗いたヤムイモ)というそのままの名前で呼ばれますが、Ghanaではフフと呼びます。

厳密には同じ物ではないのでしょう。Nigeriaのパウンデッドヤムは基本ヤム100%。それに対してGhanaのフフは基本ブレンドするのが一般的。ヤムが入ってないものも、こうやって搗いてモチのような状態にしたものを何でもフフといいます。



今回のGhanaでは宿泊しているホテルの会議室で会議ということで、ずっとホテル食がおおかったのですが、やっぱり地元の物も食べないと、ということで、近くのレストランに繰り出して食べてみたのが、上のフフ。
このフフはヤムとバナナのブレンドだそうで、ソースはピーナッツのソースです。具はヤギ肉。ほんのり甘いフフに、こってりとしたピーナッツソースが合いますね。どっぷりスープに使っているのが特徴です。フフ自体は、結構柔らかめで、搗きたておもち、って言う感じです。

同じヤムを搗いたものでも御国柄がでまして。



こちらはナイジェリア。粘り気はありますが、どちらかというとホクホクしている感じです。当然ヤム100%。ソースはエグシ(瓜科の作物のタネを粉砕したもの)と野菜(たぶんアマランサス他)。



こちらはBeninで食べた時の物。多分ヤム100%、たぶん・・・。ソースはトマトとパームオイル中心だったような。基本的にナイジェリアよりは、粘り気が多く、ぐぐっとモチに近くなります。

と、国によって結構違うので、是非機会があれば食べ比べてみてください。

このあたりの粘り気はイモを搗く時の茹で汁の加え具合で大きく違うようですが、茹で汁を多く混ぜると粘り気がでて、少なくするとホクホクするという感じのようです。そして、うわさまじりの話ではありますが、Nigeriaは茹で汁を加えて増量するのを、プライド的に善しとせず、モチモチしたものを好む、ということを聞いた事があります。ほんとうなのかは、是非検証ください。

あ、あと、パウンデッドヤム/フフは手で食べるのをおすすめします。ホント、味がちがうんですよ。これもどうぞお試し有れ。
| Sato | ナイジェリア日記 | 00:06 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:06 | - | - | -