スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
アフリカの空の青
忙しくブルキナファソを南北に移動してますSatoです、はい。元気にしておりますが、なかなかBlogを書く時間とネットワーク接続が確保できませんでした。

現在ブルキナファソは名物の停電の季節。暑い時期に停電がおこると夜寝るのがかなり厳しいところです。特に今年は厳しいようで、Ouagadougouでも停電が何度も起こっているそうですし、地方では1日電気がこない事もざらだとか。これが通年でおこるNigeriaよりはずっとまし、と思った方がいいのかもしれませんが、1年で一番過ごしにくい時期かも知れません。もうちょっとすると雨が安定して、気温も若干下がってくるのでしょうが。

さて、GhanaとBurkina Fasoを旅していると、目にはいるのが青い空です。

いや、石垣だって青い空はありますし、そんなに高い建物が有る訳でもないので空は見えているのでしょうが、なかなか空を見上げる事ってないのでしょうねきっと。

こちらにきて、こうやって車に数時間揺られて移動して、村人と話してを繰り返していると、いやがおうでも外に出る訳で、その時に目に入ってくるのは青い空。



こちらはGhanaのアクラ。本当に青が目にまぶしいですな。

(この時(5月末)は雲一つない快晴でしたが、Satoたちが離れた後は大雨だったようですね。大雨で潅水したガソリンスタンドが爆発したというニュースが入ってきてましたが、なぜ爆発?とはいえ、かなりの犠牲者がでたようで、残念です。)



こちらはブルキナファソの南部の村の様子。もう雨期が始まっているので、下草が生え始め、空には雲がうかんでますね。



こちらはシアバターの木の下でとったもの。こちらも南部の写真なので、空がちょっと煙っている感じがします。



こちらは、中部Koudougou近郊の写真です。乾期の抜けるような「青」もいいですが、この季節の白っぽく煙っている空も悪くないです。

これから西アフリカは本格的な雨期に突入です。昨年はやや雨が不安定で干ばつが起こったところも有るようですが、今年は良い雨がもたらされることを心から祈りたいと思います。
| Sato | ナイジェリア日記 | 05:57 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:57 | - | - | -