スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
伝統的な土壌の肥沃度向上技術
さて、ここ2本ばかり記事をかいて、写真を掲載して思ったのが、遠目からは全部赤茶色と焦茶色とやや灰色ががかった青色ばかりで構成された同じような写真がならんでいるようにみえるなーということ。実際にとっている物は全然違うのに、こんな感じのモノトーンな感じになるのは、むき出しの赤茶色のイメージが強いからでしょうかね?

Burkina Faso北部にいくとこのような土壌が続いているのですが、特長といえば、肥沃土が低いことと、水持ちが悪いこと。アフリカ大陸が古い大陸で、基本的に土壌の風化がすすみ肥沃度が低いのですが、特に乾燥地はもともと雨が少なくて有機物の生産量が少ないのに加え、人々の生活に利用できる資源が工夫によってかなり利用され尽くされているので(たとえば作物残渣は家畜の飼料や家の材料などに利用されます)、有機物の土壌への還元があまりされないため、他の地域よりもより土壌の肥沃度が低くなりがちです。

あまり土壌の肥沃度が低くなると何も生産できない畑がでてきますが、Burkina Fasoでは(というかフランス語では?なのかな)Zipele(ジペレ)とよばれ、耕作が放棄されることもしばしばだそうです。

そんな土地をよみがえらせるための技術が、雨期前に土壌への有機物の抄き込みをおこなうZai(ザイ)や、土壌を有機物で覆うPillis(パイー)と呼ばれるものです。



こちらがPillisと呼ばれるもの。

雨期前に農地の一部、特に作物の生産が悪くなったところをこのように木の枝や植物/作物の残渣(古くなった家の屋根などもつかわれるらしいです)で覆います。こうすることで土壌の水分保持力が高くなり、格段に植物の生育が良くなるそうです。



こちらはZaiとPillisの混合手法のようで、雨期前、転々と15−20cm程度の穴を掘り、そこに有機物を埋めて土をかぶせるのがZaiという技術。雨の後、この穴に作物を植えるとやっぱり水分保持力があがり、作物の生育が良くなるそうです。ただ、乾期の堅い土壌に穴をほる(もちろん手作業)のはかなりの労力で、なかなか大面積に行うことは出来ませんので、Pillisはよく見るのですがZaiはたまに見る程度。こちらの圃場はさらにZaiの上に植物をかぶせて、相乗効果を狙っているのでしょう。よっぽど土壌肥沃度が低かったのでしょうか。

この写真の奥の方に石がならべてありますが、なんのためかわかりますか?Satoは最初、自分の畑の境をはっきりさせるための物だろうとおもっていたのですが、その理由に加え、水の流れをこの石組みでちょっと押さえることによって土壌が流れ出てしまうことを防ぎ、少しでも水分が土壌にしみ込むことを促進するという働きもあるそうです。

緑のサヘルを初めとするNGOなどが、この技術を利用して乾燥地域の低肥沃土問題にチャレンジしており、成功を収めているところも多いときいています。ただ、これらは伝統的に行われている技術ですが、労働力もそして利用できる有機物の量も限られていますので大面積というわけにはいかないのが難点ですね。

研究者としては、この辺りに新技術の開発が欲しいところです。分野違いですが、この土壌肥沃度の低さは非常に重要な問題ですので、いろいろ考えてみたいなーとおもいます。
| Sato | ナイジェリア日記 | 00:08 | comments(2) | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:08 | - | - | -
Zaiやディゲット(石堤)は簡易ですが本当に効果的な技術ですね。ディゲットのすぐ横やザイの穴は雨が降ると草が生えて青々としてきます。ほんと水は生命の源だと感じます。ディゲットについては、簡易な技術ではありながら、石の運搬にかなりの金額がかかっています。ブルキナファソはとっても平坦な土地で山がなく、石を見つけるのも困難で、100km以上も先まで行かないとならないこともしばしば。数トントラックを借り上げて何度も往復するとなると、やはり住民だけではできません。。。悩ましいところです。
| iihanashi-africa | 2014/06/27 6:09 AM |
iihanashi-africaさん、いらっしゃい。

おっしゃられる通り有効な方策です。短期的にはかなり効果的な手法ですよね。長期的にもいろいろインパクトは大きそう。ただ、やはり労力が・・・。このあたり、Satoにはいろいろ思うところもあり、いろいろ他の方と話をして、何か出来ないかなーと思っているところです。また、どちらかでお会いした時にこの話などが出来るといいですね。楽しみにしています。
| Sato | 2014/06/27 4:08 PM |