スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
ナイジェリアの黄金のやきもの
先日Nigerからの帰り道に30分ほど寄り道して、陶芸?焼き物?をやっている村を訪ねてみました。



この村50人ほどの人がつぼなどを作って暮らしているそうですが、この辺で焼き物をやっているのはこの村だけとのこと。この村の焼き物の特徴は金色に輝く表面。わかりますかね?



こっちのほうがわかるかな?



これは乾燥が終わったつぼに特殊な粘土を塗りこんでから焼くことで金色に光ります。下の写真の赤い土のが本体を作るためにつかう普通の粘土、白っぽい土が釉薬で、乾燥後にぬってから焼くと金色に光るそうです。ものすごく金色、ってわけではないですが、ペンキとかを塗っているのではないとわかり、ちょっとびっくり。なるへそー。



続きを読む >>
| Sato | Kano観光 | 00:01 | comments(0) | - | -
Tigaダムで2009初釣り
今日はちょっとくさくさしていたので、うちの奥さんと二人でTigaダムにつりにいってきました。

前もTigaダムのエントリーで書いたのですが、いまいちTigaダムの釣りに最適な場所などがわかりません。ということで、試行錯誤。今回は3年ぶりにちゃんといくつかのポイントをまわってチェックしてみました。

Satolog - Tigaダム

で、今回の釣果は。



うわー、しょぼい。この一匹だけ。なんてお魚でしょ?ま、ありがたくうちの猫ちゃんのお腹に納まりました。

今回ためした餌は、牛のレバー、魚の切り身、そして小麦粉と蒸しサツマイモの練り団子。いちおうつれたのは牛のレバーですが、あの魚って肉食?見かけはコイ科のようなのですが。魚の切り身は冷凍の魚なので、身がぐずぐずでだめでした。練り団子も食われているのかすぐなくなるわりにはあたりはありませんでした。

ということで使う餌はとりあえず、一匹つれたし、入手が簡単なレバーがよさそうです。本とはミミズがいいのでしょうが、こちらのミミズはホッソイミミズばかりで餌になりそうなのはなかなか。

しかし、今回は以前より当たりもほとんどないということで、もしかしたら時期が悪い?以前はあたりだけはよくあったのですが。また定期的にいって、釣り場と条件にあたりをつけたいとおもいますー。

でm、今回はよさげなピクニック場所もみつけたし(下の写真の場所)、気分転換もできたのでよかったかな。あまり気分転換できる場所のすくないNigeriaですので、このような場所は貴重ですね。


| Sato | Kano観光 | 01:44 | comments(0) | - | -
Tigaダム
Kanoは観光する場所もありますが、なかなかゆったりできるところってないのですよね。ま、田舎に行けばのんびりしている風景は見れるのですが、まーそれもなんだか。そんな方にはTigaダムをお勧めします。

TigaダムはKanoから車で南東の方角にあって、車だと60kmぐらいちょうど1時間ぐらいのところにあるかなり巨大なダムでして、ドライブにはもってこいの場所です。このダムはかなり前、日本や海外の援助がもっと盛んだったときにつくられたとか。この水を利用した灌漑施設はまだ健在で、ここからの放水路の流域ではかなり多くの水田作がされてますし、乾季中の野菜作りの主要な地域ともなってます。ただ、十分な水のマネージメントはできていないようで、急な放水によって洪水になってその地域の作付けがだめになった話や、水のロスが非常に大きいことも聞きますね。



こちらがメインダム。おおきいです。



ここではボートにものれます、10分ほどで1000ナイラぐらい。交渉次第では1日借り出しとか、いろいろなアレンジもできます。今ボートにのっているのはSatoの同僚とその子供たち。水がこんなにあるところが珍しいので、子供たちは興奮気味です。


メインダムのこのあたりもいいところですが、ちょっと秘密の場所もありまして、こちら。



いわゆるTigaダムの放水路にあたります。ここからずーっと灌漑地域をぬけてKanoをとおり、最終的にはChad湖に行き着きます。が、最近は農業用水の利用がおおくて、Chad湖に流れ込む水は減る一方。アラル海などでもみられるように、毎年Chad湖は縮小しております。
続きを読む >>
| Sato | Kano観光 | 02:12 | comments(0) | - | -
ヤンカリ その7
 お、食事についてかきわすれました。

Wikki Camp内にはレストランがあります。途中に休みがはいりますが、朝8時ごろから昼3時、夕方7時から11時とあいております。バーもあって、ビールものめます。ただそれほど良いものはおいておりません。

Satoのお勧めは、朝食・昼食兼用でレストランでトーストとオムレツ、コーヒーもしくは紅茶(インスタント)。いちばんシンプルなもので400円、1000円あれば十分食べれます。

夜はレストランでジョロフライスなどが一般的?ただ、これもいいですが、お勧めとしてはWhole chikinの丸焼き。チキンを丸々一匹焼いてくれますので、これを食べつつビールというのが結構いいです。一匹1500円なり。自分でフランスパンなどをもってくればもっとよし。食パンならレストランから購入できます。バーの外やレストランの外で食べるチキンはなんともいえませんね。でも、蚊対策は十分していってくださいね。

クリスマスとかだけですが、ヒツジ肉のスヤを売るお店もでますので、この時期ならスヤでビールもいいかも。

ビスケットなどは売ってますが、何時のものやら・・・。とりあえず食品の持込は禁止されてますが、最低限のビスケットやおやつは持っていくといいでしょう。うちらはチキンの後に、「サキイカ」でビールをのんだりしてましたが、何もいわれませんでした。

ただ、ヤンカリ自体のゴミの処理システムが結構あやしくて、見えないところに捨ててたりするんでないか?というレベルなので、ゴミは持ち帰るようにしましょうね。

さて、これで最後かな?
| Sato | Kano観光 | 22:21 | comments(0) | - | -